つくし7周年記念 スタッフ日誌

JR中央線の国立駅から歩いて20分程の住宅街にある
「つくし文具店」。 
2005年6月3日に再オープンし
2012年で早7年目となります。 
  
この度、日頃の皆さまへの感謝とともに
もっとつくしのことを知って頂けたらと思い
日直主体で一日カフェをすることにしました。

名前はつくしカフェ。日にちは7月1日(日)。
1日限定オープン!

こちらのブログではオープンにまつわる裏話や
スタッフの動きをご紹介していきたいと思ってます。

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
カフェのひみつをしっているかい
ついにあと1日となりましたつくしカフェ。
今日は現在までの道のりを振り返ってみたいと思います。


4月中旬。
恵比寿で開催されたモノプリ展に行ったつくし日直の阿部くんが
店主の萩原さんからつくし文具店が今年で7周年だということを告げられ
なにかやりたい→カフェをやりましょう
という流れになりました。

同日、日直の中村さん、朝川さんと合流し
呑みながら話をふくらませていき
・阿部さん→ノミクイ(飲食)チーム
・中村さん→広報チーム
・朝川さん→モノ(ノベルティ)チーム
とチーム統括をすることに。

後日、日直にカフェスタッフを募集をかけます。
そして、各チームの所属、役割分担をしていきました。

と、チーム全体で考え方の相違が生じます。
特にカフェのコンセプトについてです。
つくしの世界観でやっていくべきか
そうではなくて、あくまで日直独自の世界観でやっていくべきか
こう頭の中をぐるぐるしてる。何度か悩みましたが
日直がやるカフェという着地点が見つかりました。

とと、次は会計担当内で問題が生じます。
やっぱりお金、カフェの資金繰りです。
まとまったお金は沸いてきません。
そこで出資金制を設けましたが
価格設定、賛同者への見返りで頭を悩ませます。

ととと、今度はモノチーム内で問題が。
今回のイベントはつくし主催ではなく日直主催。
となると、ドリルデザインさんが作り出したデザインは使用できません。
自分たちで全てデザイン製作しなくていけません。
でも、このモノチーム。デザイナーを仕事としている人の集まり。
”日直モノ”という商品を作り上げました。

他、ノミクイチームは試作品づくり
広報チームはチラシ、各媒体への働きかけをしていきました。

それと今まで挙げていませんでしたが
スタッフTシャツチームの存在をご紹介したいと思います。

スタッフTシャツチームは日直の青井さんを中心に
シルクスクリーンでスタッフTシャツを作るワークショップを行い
注文の数を作成しました。
つくし閉店時間以降の作業の為、夜遅くまで頑張りました。
ちなみにカフェスタッフが着ているのがそのTシャツです。


以上、若干簡略してしまいましたが、今までの流れです。
1カ月弱という短い期間で作り上げたカフェ。
足を運んで下さるだけでとてもうれしいです!
スタッフ一同、お待ちしてます!!


つくし7周年記念 staff:aこと黒川
つくしカフェについて : comments(0) : trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW : TOP : OLD>>